読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食べて 祈って 恋をして

人生は一度きり楽しんだ者勝ちだ

フィリピンに行くならこのポイントを押さえよう!

こんにちは、Keaです。

 

前回の記事を読んでくれた方ありがとうございます!

今回は前回に引き続き、学校選びのポイントについて書いていきたいと思います:)

 

 

 学校選びのポイントはここ!

f:id:Kea_Life:20170430121714j:plain

 

前回挙げたポイント

  1. 治安
  2. 日本人の比率
  3. 日本人スタッフが在中しているか
  4. 食事の内容 ( 韓国料理だけの学校がほぼ )
  5. 費用と見合った授業内容か
  6. グループレッスンの人数
  7. 衛生面 ( 実際パンフレットに載っているより汚いと思った方が良い )

 

 1.治安

f:id:Kea_Life:20170430140853j:plain

治安に関しては自分だけではなくご家族も心配する部分だと思うので、安全かどうか

十分に確認する必要があります。しかし、前回も書いたように実際行ってみないと本当のことは分からない部分もあります。

また、安全な地域だからと夜に一人でタクシーに乗るなどの行為は避けるべきです。

最初のうちは意識していても慣れてくるとだんだん気にしなくなってきてしまいますが、自分の身は自分で守るよう意識した行動が必要です。

 

  2.日本人の比率

f:id:Kea_Life:20170430141644j:plain

短期間で英語を伸ばしたい方はここは結構重要かと思います!

最近ではフィリピン留学が流行っている為、どこの学校も日本人の学生が増えているのが現状です。エージェントの方は各学校の日本人の割合を知っていると思いますが、時期によって大きく変動があるので確認が必要です。 

 

日本人が多いことは悪くないですが、ついつい日本語を使う割合が多くなってしまうことがあることを理解してください。日本人同士一緒に頑張ろうね!と日本語で話していてはせっかくの留学の場が勿体無いですよね。

 

でも、実際には日本人はいた方が良いと思います。矛盾していると思われるかもしれませんが、本当に英語が伝わらずに困った時や息抜きをしたい時にはやはり同じ言語の日本人がいると気持ちが全然違います。私も日本人の友達に沢山支えられました。

要するに大切なのは、日本人とばかり一緒にいないことです。

 

 3.日本人スタッフが在中しているか

そりゃどこの学校もいるでしょ!と思う方もいるかもしれませんが、

日本人スタッフが在中していない学校も多くあります。それはフィリピンの語学学校の経営者はほとんどが韓国人で学生も韓国人が多いからです。

英語がほぼ完璧な方なら問題ないと思いますが、もしも病気になった時に病状の説明や医師からの専門用語を使った話の内容が理解できなかったら不安ですよね。そんな時、日本人スタッフがいれば色々サポートしてくれるのでとても心強いです。

ドキドキしながら到着して、お迎えに来てくれるスタッフが日本人か外国人かでは安心感も全然違いますよね!

 

 4.食事の内容 ( 韓国料理だけの学校がほぼ )

f:id:Kea_Life:20170430142105j:plain

※こんな立派な料理ではないです(笑)

好き嫌いなく何でも食べられる!という方は次へお進みください。

 

語学学校は先ほど述べたようにほとんどが韓国人経営です。ということは、ほぼどこの学校も韓国料理になると思います。私の学校もそうでした。

韓国料理と言っても色々ありますが、ここで注意すべきなのは辛いものです。

 

私の学校は日本人も少なかったので日本人に合わせた食事は用意されていませんでした。辛いものが苦手な子はスープとご飯、持参したふりかけだけと質素な食事になっていることもありました。(辛さの感じ方は人それぞれですが…)

また、刺激物が続くことにより腹痛を起こす子もいたので胃腸系が弱い方は要注意。

 

 5.費用と見合った授業内容か

この点に関しては他の学校のことは分からないので比較はできません。

確認するポイントは1日に何時間授業が受けられるのかマンツーマンの時間

グループ授業の時間1グループ授業の最大人数です。

 

私の通っていた学校はマンツーマン、グループ授業共に3時間ずつが基準。

そこからオプションでマンツーマンを5時間まで増やすことができるというスタイルでした。どちらも授業を1時間増やすごとに料金は1時間分加算されます。

学校によって学費が違うので、上記を参考に授業内容と金額を比較してみてください。

 

 6.グループレッスンの人数

f:id:Kea_Life:20170430140945j:plain

グループ授業は3〜5人ほどが望ましいと思います。あまり多いと発言する機会が減ってしまい、受け身な授業になってしまいます。少人数なら大きなグループより発言しやすく積極的に授業に参加できますよね。

グループ授業は友達作りにもとても良い機会です。お互いの国のことを話したりゲームをしたり、仲良くなればグループ授業がより有効なものになること間違いなし!

 

 7.衛生面 

フィリピンと想像するとあまり衛生的に良くないというイメージがありますが、学校の中はそこまで汚くないです。私が思うに実際パンフレットに載っているより建物や部屋は質が落ちると思った方が良いと思います。(もちろん学校によります)

ここで確認すべきなのはウォーターサーバーの有無部屋の掃除の頻度シーツ類の交換の頻度です。

 

もちろん水道水は飲めません。物価が安いので水も高くはないですが、学校にウォーターサーバーが設置してあれば購入する必要がなくなります。

掃除、シーツの交換は毎日同じ部屋で生活する以上必要です。部屋で飲食をする人は食べカスの処理にも注意が必要!私の学校は蟻がたくさん部屋の中を歩いていました…。

一年中暑いフィリピンでは日本にいる時より汗をかくこと間違いなし。シーツ交換は欠かすことはできないですよね。

 

以上が私の思う学校選びのポイントです!

もう知っている情報もあったかもしれませんが、少しでも新しい発見があったら嬉しいです。

次回は私が通っていた MK EDUCATION を紹介します。

あくまでも推奨でなく、どんな学校で何を体験してきたかを書こうと思っています!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました♡